金源大酒樓(Chatham Square Restaurant)

しばらく前の食べ歩きの記録

今回もマンハッタンの中華街へ。
飲茶が美味しいと評判の「Chatham Square Restaurant」に行ってみることに。

しかし、チャイナタウンに行くとほんとに中華パワーを感じます。
標識なんかも中国語の併記に急に変わります。
010
このあたりに住む中国人のいくらかの人は一切英語を話さずに生活しているような人も少なくないそうです。

中国や韓国というお国は、アメリカの州議会に日本海の記載を「東海」に変える議決をさせたり、慰安婦像を作らせたりと、確実にアメリカへの影響力を増しています。
すべてお金と人のパワーなんでしょう。
聞けばアメリカの有名新聞とかにも中国が週1回見開きのページで記事を(英語で)載せているらしいです。
もちろん新聞記事ですが当然ながら自国の都合の良いような報道なわけです。
それをアメリカの一般市民が読むわけです。

日本の若者が「アイス食べて美味しかったから幸せ!」なんてのほほんとしている間に、日本の国力はどんどん衰退していき外国に対する影響力も無くなってアジアのほんの小さい小国になってしまうのは時間の問題な気がします。

ハーゲンダッツの看板もこんな感じ・・
020

アイスクリームは雪の何とか(読めない)という字で書くのでしょうか?
030

で、目的のお店はこんな感じ
040

今回は混雑を見越して11時過ぎに到着。
店内はまだ空いていましたが、11時半には満席に成って入り口には行列が出来ていました。
050

テーブルに着くとお茶のポットが置いて行かれます。
060

菊の花のお茶で少し香りが有って美味しいお茶です。
070

でも、急須の口がかけているという・・
080

メニューにアルコール類が無かったので、まさかここもお酒が無いのかと思ったら・・
聞けばビールもありました。
090
でも、中国人とかは飲茶するときにはアルコールとかは飲まないんですよね。

飲茶なのでおねぃさんがこんな風にワゴンで運んできて色々勧めていきます。
でも、中国語なので一切意味不明・・・
095
一緒に行った人が中国語が話せる人だったので、その人にお任せ。

注文したものはテーブルに有るカードに(たぶん金額別に)スタンプが押されていって、最後にその数で精算する仕組みのよう。
097

最初に頼んだ3皿
100

お餅のようなものに牛肉が乗ったやつ
110
骨付きの牛肉がとっても美味しかったです。

シュウマイのようなのが2種類
120

春巻きを湯葉で作ってスープで煮たようなの。
130
これも、凄く味が良かったです。

鶏の足の煮たの
140

さつま揚げみたいなの
150

焼き餃子?
160
たっぷりなニラにぷりぷりのエビが入っていて美味しかったです。

これもぷりぷりのエビを皮で包んだもの
170

だいぶおなかがいっぱいに成ってきたけれど、お粥も食べてみたかったので、ピータンのお粥
180
日本のお粥とかと違ってしっかり中華のダシの味が効いていてとっても美味しかったです。

最後に胡麻団子
190

ワゴンで出来立てアツアツを運んできて「○○が今蒸しあがって美味しいですよ」(と言っていると思われる)とか言って売りに来るシステムは良いのですが、向こうの都合の良いメニューを、向こうのペースで食べていると、ゆっくり食事を楽しむという事もなかなか出来ずに、15分ぐらいでおなかがいっぱいに成ってしまいます。
そういえば大阪のカウンターだけの串揚げ屋さんもこんなシステムだったような・・・

もう少し大人数で行った方が楽しめるかも。

3人でビールまで飲んでこの値段!
200
お店はほとんど地元(中国人か韓国人)の人と思われ・・
欧米人はあまり居ませんでした。

やっぱり地元の人が選ぶお店って安くて美味しいです。

また行きたいお店ですが日本語と英語しか話せないと辛いかも・・
頑張って英語でゴリ押しすれば何とか成るか?










↓↓ブログランキングに参加していますクリックよろしく!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へ
にほんブログ村

金源大酒樓(Chatham Square Restaurant)」への2件のフィードバック

  1. 今の日本、本当に危機感を感じます。特に国外にいると自国の国力がいかに大切かを痛感します。今の若者、本当に夢がないですね。警官をやっている従兄弟でさえ、自分たちの頃には年金をきちんともらえるかどうか分からない、仕方なく払っているけど、と言います。自分の国を信じられなくなって来ているようです。
    私もよしを君と同じで、まだまだほしいものやしたいことだらけです。この2月には結婚以来念願のタヒチ(ボラボラとランギロア)に行きました。夢をかなえたので、もう十分かと思っていたけれど、帰って来たら、また行きたいと思うようになって、いかにお金を稼ぐかを考えるようになりました。夢がなくなったら、淋しいですよね。

  2. あいりすさん

    私の場合は完全に煩悩です・・・(笑い)
    でも、ほんと、日本の将来は心配です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください