アメリカの銀行口座とクレジットカードを作る

もしかしたらこのブログもこれからニューヨークへ転勤するとか語学留学するという予定の人も見ているかもしれないし、そもそも私の会社の後輩が赴任してくるかもしれないので、そういう人たちの参考にと、ニューヨークに生活の場が移る場合のTip’sを書いておこうと思う。

まずは銀行口座の開設。
もし留学ビザで訪米しているとしても、銀行口座がないと生活できません。

51841758

いろんなところで情報を検索しますとsocial security numberというアメリカでの社会保障番号を持っていないと開けないとか、ホテルなどのtemporaryの住所ではダメだと書かれているものをよく見かけますが、私はその両方に該当しながら口座開設出来ました。

口座を作ったのはCitiBank
5Th Avenueの51Streetと52Streetの間にあるCitiBankは日系の銀行かと思うほど、中に入ると「外貨資金は地下へ」とか日本語の看板が目に付く。
そしてCitiの銀行マンもこの支店には日本人が沢山居る。

まずはここの支店の日本人銀行マンと事前にコンタクト。
私の場合は会社が担当者を紹介してくれたので、その方にメールを送ることで相談を始めました。

もし、これを読んでいる方がこれからニューヨークのCitiBankで口座を開設しようと思うなら、もし貴方が英語が堪能だったとしてもあえて5番街の支店に行って日本人のBankerを窓口にすることをお勧めします。
なぜなら日本人ならsocial security numberがまだ取れていないとか、今はまだサービスアパートメントに住んでいるとか、そういう事情をよく理解してくれるからです。

無事日本人Bankerとコンタクトできればあとはメールで連絡をしながら必要な書類や手続きを聞いて、用意した書類を事前にPDFなどでメール送信しればOKです。
ちなみに、私の場合は日本人担当者でもこちらから日本語のメールを送ると必ず英語で返事が返ってきました。
たぶん銀行内のルールでメール内容を米人の上司がチェックしたりする為だろうと職場の人に言われました。
以後こちらからのメールも基本的に英語で書きましたが、込み入った質問なんかはこちらからは日本語と英語の併記にして送ったほうが要点をすぐに分かってもらえました。

銀行口座の開設に必要なものは以下の通り
・パスポートとVISAのコピー
・日本の運転免許証のコピー
その他は銀行が用意する申請用紙に必要事項を記入するだけ。
住所は以下のように申請
current residential address(現住所)
日本の以前住んでいた住所
Mailing address(送付先住所)
職場の住所

この申請方法では日本に住んでいる日本人がアメリカの口座を開くという立てつけに成るわけで、銀行流に言えば非居住者として登録されるわけです。
これであればsocial security numberの無い学生ビザの人でも口座が作れるわけです。
就労可能なVISAで赴任している場合はsocial security numberが取れて住所が決まったところで、変更の手続きをすれば居住者としての属性になるらしいです。

ちなみにMailing addressのみはホテル等ではなく、ちゃんとした住所が必要との事で職場の住所を使用させて頂きました。

続いてクレジットカードの作成です。

これも色々なところで同じくsocial security numberやCreditHistryというクレジットを使った実績記録がないと作成できない。
唯一作成できるのが日系の航空会社の発行するクレジットカードだというのをよく見かけますが、私の場合は同じCitiの日本人Bankerに相談して、難なくCitiのクレジットを限度額$10,000スタートで作成することが出来ました。

口座を作るときに同時に手続きして、追加で必要だったのが以下の資料
・パスポートとVISAのコピー
・雇用主が発行した雇用証明書
・日本に居る時に使っていた(給与振込などが分かる)銀行口座の預金通帳過去半年分のコピー

雇用証明書はクレジットの申し込み用紙の中にサンプルの見本が付いているので、それを元に日本で人事部にお願いして英文の雇用証明を作ってもらいました。
年収などの記載も必要なのでサンプルに使われている項目は全部記載するようにしました。
(ちなみにアパートを借りる際も雇用証明が必要な場合が多いので、2通用意してもらいました)
日本の銀行の通帳のコピーは表紙からすべてのページを裏表コピーして銀行名や名義人、口座番号がすべて見えるようにする必要がありました。

クレジットカードの作成時の住所の申請はたぶん以下のようにしたと思います。
current residential address(現住所)
今滞在しているホテルの住所
Previus address(以前の住所)
日本の以前住んでいた住所
Mailing address(送付先住所)
職場の住所

流石にクレジットカードは非居住者には作れないようですので、テンポラリーなアメリカの住所を指定。
2年以上住んでいないので、以前の住所の記入が必要で、そこに日本の住所を記入しました。

銀行口座もクレジットもいずれもsocial security numberを取得して住所が決まったらすぐに手続して変更する必要が有ります。

ちなみに三菱東京UFJ銀行に口座を持っているならばUnionBankの口座を開設するサービスも有るようです。
ただ、こちらではUBの支店は見かけませんし、提携ATMもどれぐらいあるのか不明。










↓↓ブログランキングに参加していますクリックよろしく!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へ
にほんブログ村

アメリカの銀行口座とクレジットカードを作る」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    アメリカで口座開設したくてこちらの記事みました。
    住んでるところは日本なのですが、仕事でアメリカによく行くのでデビットカードと口座開設したいのですが、
    よしをさんが開設したバンクにいきたいのですが、
    日本語で大丈夫でしょうか??

    持ち物は
    パスポートと免許証
    VISAカードのコピーでいけますか??

    質問多くてすみません。
    教えていただけると嬉しいです。
    岩本

    • 岩本真衣 さん、コメントありがとうございます。

      確かこの記事で書いている、5Th Avenueの51Streetと52Streetの間のCitiBankの支店は移転してしまったようです。
      Citiのホームページから現在でも日本語のスタッフがいる支店は5th Avenue & 52ndの支店の様です。

      https://online.citi.com/US/ag/citibank-location-finder
      から「Enter a location」に
      “666 Fifth Avenue New York, NY 10103”
      と入力してみてView detailsをクリックするとLanguagesにJapaneseが表示されるので、この支店なら日本語の話せるスタッフが居ると思います。

      ただ、支店にふらっと訪れて”I would like to talk with staff who can speak Japanese.”と言っても、その時に日本語が話せるスタッフが居るとは限らないし、そもそもアメリカの銀行で窓口に行く場合はアポイントメントをとってから行くのが普通です。

      なので、アメリカに到着したら(もしくは日本から国際電話で)上で表示された支店の番号あてに電話して『口座を開設したいからアポイントメントを取りたい、その時に日本語が話せるスタッフに対応してほしい。』と伝えて、日時を決めて日本語が話せるスタッフと約束してから行けば良いと思います。

      さらには日本から国際電話でアポを取るつもりなら、対象の日本語が話せるスタッフのE-メールアドレスを教えてもらって事前にメールで必要な書類などを質問したりして、調整しておくことも可能です。
      但し、先方のコンプライアンスでこちらが日本語で質問しても返答は英語で返される場合も少なく無いです。
      (当事者同士だけでなく支店の上長や支店長の検閲の為には英語表記でないとメールが送信できないルール等)

      必要書類について記事で”VISAのコピー”と表記しているのはアメリカの就労ビザ(又は留学ビサとか)の事でビザ無しで渡航される場合には持っていないはずなので最低限パスポートと日本の運転免許証で、その他に何が必要かは問い合わせて頂くしかないです。
      (クレジットカードのVISAカードではありません。)

      いずれにしても、アメリカに行きました、支店を訪問しました、必要な書類が足りませんでした、となると1回の渡航が無駄になりますので、日本を出る前に出来るだけ先方とコンタクトして準備してから行くことをお勧めします。

      また、申し込みが無事受け付けられてもATMカード(デビッドカード兼用)はResidential addressかMailing addressに送られます。
      支店では受け取れません。(自身の会社の支店や営業所・事務所が有ればその住所でもOKです)
      ですから、自分が日本に帰国してからATMカードを受取ってくれるところの住所を借りる必要が有ります。
      また、日本ほど頻繁ではありませんが、たまに郵便物が届けられますのでそれも受け取ってもらう必要が有ります。
      (いずれも海外への発送はしてくれません)

      単にアメリカの口座を非居住者として開設したいだけならば、記事でも紹介している三菱東京UFJ銀行の「海外口座ご紹介サービス」
      http://www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/kouza/cali/
      の方をお勧めします。
      NewYorkCity近辺のATMでは手数料ゼロで現金が下せますし、デビッドカードとしての機能も備えている口座が日本で開設できてATMカードも日本の住所に届きます。
      (もちろん届いたATMカードは日本では使えませんが)
      欠点としては入金はUnion BankのATMが有る所でしか出来ませんので、東海岸の都市ではまず出来ません。
      また小切手の入金も郵送でUnion Bankのセンターへ送付しなければできません。

      いずれにしてもアメリカに口座を開設しても、預入残高が常に$30,000以上をキープしなければ(←金額は銀行毎に違いますが)毎月$20前後の口座維持手数料を支払わなければなりませんし、そもそもそんな大金をまず開設したアメリカの口座に送金するだけで為替手数料と送金手数料が必要になって無駄が多い気がします。

      ①アメリカで小切手を受け取る事が有り現地で換金したい
      ②アメリカのクレジットカードを作りたい
      ③アメリカで家賃の支払いやローンの引落でどうしても口座が必要
      ④アメリカで他人からの入金が発生する
      (たぶん④の際にはSocialSeculityNumberを持っているはず)
      という必然性のある理由が無ければわざわざアメリカに口座を作るメリットが無いと思います。

      それから、記事には書いておりませんが、旧CitiBankJapanを引き継いだSMBC Prestea
      https://www.smbctb.co.jp/banking/bankingcard/index.html?icid=1612_05_j_top_m_bankingcard_tx
      の口座を作っておけばアメリカではCitiBankのATMからお金をおろすことが可能です。
      (但しデビッドカードとしての機能はありません)
      こちらはアメリカに口座を作る訳ではないので日本に戻ってきて日本の口座として使用することが出来ます。

      また、SMBC Presteaの口座を含めてアメリカの口座は数か月から1年程度口座の入出金が無いと、不動口座としてロックされてしまい、ロック解除には現地で面倒な手続きを行う必要が有ったり、最悪ロック解除をしなければ残高全てが没収されるという制度もありますので、あまり日本の銀行で口座を作るように軽い気持ちで作ると大変なことになりますのでご注意ください。

      不要になったアメリカの口座を閉鎖するのも、残高を日本に送金したりアカウントのClose手続きをしたりと、面倒なことが必要です。
      面倒だからと残高$1.00にして放置すると口座維持手数料が蓄積されてマイナス残高になって、さらに放置すると名義人のクレジットヒストリー(日本でいう信用機関の評価)が悪く成ったりと良い事はありません。

      アメリカに住んでケーブルTVの契約をするとか、水道光熱費を支払うとか、居住者としての場合を除けば、自分で事業をやったり、個人輸入レベル以上の貿易をやりたいとかそういう特別な理由が無い限りはわざわざアメリカに口座を開設することはお勧めしません。
      たまの出張で自分の日々の生活で使用するのであれば、クレジットカードは日本の物(MasterとかVISAの国際ブランドの物)を使って、現金が必要な場合もクレジットカードでキャッシングするか、金利が気になるのであれば前述のSMBC Presteaの口座から現地で引き出せば不自由はないと思いますよ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください