Shoe Shine Studio DICOOL

今回は食べ歩きのネタではなく・・・

たまたま、食べ歩き(飲み歩き)のために通った松戸の裏通りで・・
とても珍しい店舗形式の靴磨き屋さんを見つけた。

Shoe Shine Studio DICOOL」というお店。
どうやら2015年に出来たらしい。

よく見ると・・あれ!
以前に立ち飲みの「ようちゃん」ってお店のあった場所です。
という事はようちゃん閉店しちゃったのね・・・
うわ~、悲しい!
松戸の立ち飲みようちゃんといえば、美味しくて安い焼きトンが好きで、アメリカに行く前によく通ったお店です。
どうやらアメリカに居る間に閉店してしまっていたみたい・・
うわ~、残念だなぁ・・
店長のちょうちゃんさんがしっかりした仕込みと常に清潔に磨き上げた清潔な店内で、女性のお一人様でも入れるぐらいの良いお店だったし、それなりに繁盛していたのにどうして閉店したのかなぁ・・
成功して別な場所に移転していれば良いけれど・・
もし、その辺の事情をご存知の方居れば教えてください。

さて、話は変わってようちゃんの後に出来たこのお店。

外観はこんな感じ。
0010

日本に帰ってきて数週間。
アメリカでは通勤はスニーカーで職場の中に居る時だけ革靴を履いていたので、革靴はあまり汚れたり痛んだりすることは無かったのですが、日本に帰ってきて長距離の通勤も、雨の日も雪の日も革靴で出かけなければならず、みるみる靴が汚れて痛んできたのです。

そんな時たまたま通りかかった所「Shoe Shine」という文字が目に入りお店に飛び込んでみました。

店内はこんな感じ。
0020

まずは施術してもらう前の靴・・
汚れてきたといってもそれほどでもありません。
0030

靴磨きをしてもらっている間に店員さんに色々と聞きました。
するとこのお店の持ち味は、ただ汚れた靴を磨くだけではなく、痛んで捨てようかと思っている靴を再生する技術だそうです。
0040

色々と話を聞いたり、写真を見せてもらって感じたのは、この店長さんの個人的な特殊技術という事です。
0050

こんなに沢山の靴墨やクリームを駆使して、その靴の元の色から材質にあった対応をするらしいです。
0060

店長さん、私のお願いした靴があまりにきれい過ぎて得意の技術を発揮する余地がなくてちょっとご不満みたいでした。
いえいえ、ご不満というか「うちのお店では皮が傷んでしまってもう捨てるしかないかなって思うぐらいの靴までを対応しているので、この靴を磨いて普通の料金を頂くのは申し訳ない」と仰ってました。
0070

そして、磨いて頂いた私の靴がこちら。
気分も良いです。
0080

お店の前に陳列されていた靴のビフォーアフターはこんな感じ
0090

ほんとに傷まで消えてしまいます。
0110
確かに、これを見ると『もう捨てるしかないな』と思った靴も、このお店に持って来れば『まだ1年ぐらいは履ける』って復活します。
(あくまでも皮部分なので、ソールや接合部分がダメになったものは靴の修理に出す必要があります)

店長さんの話では、この技術が口コミで広まって、最近では古くなった革のカバンなどの再生をお願いされることも多いとか。
確かに革の傷を綺麗にしてピカピカにする技術は長年愛用してくたびれた革鞄のリフレッシュにはとてもいいと思います。

こういう技術で綺麗にしてもらえるとすると、もっと高い靴を大切に使って長持ちさせるような靴の使い方も良いのではないかと思います。
というか、靴1足で10万とか20万とかする靴を買うお金持ちの人はみんなそうしてるのかな?

ランキングに参加しています、これを読んだ方は良ければ右のニューヨーク情報のボタンをポッチッと押して私のブログに投票してください。にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ










↓↓ブログランキングに参加していますクリックよろしく!↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へ
にほんブログ村

Shoe Shine Studio DICOOL」への1件のフィードバック

  1. DICOOL店長の安井です。

    この度は当店を紹介して頂き、ありがとうございました♪

    お礼と言っては何ですが、お客様の靴を一足、無料にて磨かせて下さい♪

    なお、当日予約のお客様の都合も考えられますので、事前にて電話を頂けると嬉しいです。

    047-365-9211

    お待ちしています♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください